高額療養費制度の申請方法について

病気やケガで入院すると、手術費用や入院費用などがかかり、高額な金額になる場合もあります。病院に入院時には保証金がかかり、治療費を含む入院費用は月2回程度の請求が多いようです。

 
高額療養費制度とは、医療機関の窓口で支払う負担金の1か月の合計金額が、一定額を超えた場合にその分を払い戻してくれる制度です。注意することは1か所の医療機関でかかった合計額なのです。

 
2か所以上の医療機関の支払い合計ではありません。毎月初日から月末までが集計され、一定額を超えると3~4か月後に本人の銀行口座等に振り込まれます。もちろん申請が必要になります。

 
この制度は非常に助かるものです。ぜひ申請をして恩恵を受けたいものです。

 
高額療養費は毎月申請する必要があります。市町村役場に、申請方法により行います。頻繁に行う必要があるので、事前に入院等がわかっていれば、限度額適用認定証を申請するのが良い方法です。有効期間が1年間ありますので、毎月申請する必要はありません。

 
申請方法も市町村役場や出張所などで、入院予定日や入院先病院の住所等を届けることです。入院時に認定証を病院に提出します。良い点は窓口での支払いが、自己負担限度額で済むことです。
ただし、通院の場合は従来の高額療養費申請となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。