高額療養費制度とは

入院や通院などにおいて高額な療養費を支払った場合に利用できるのが、高額療養費制度です。長期的な入院や高額な手術や治療を受けた場合、その医療費は家計をかなり圧迫することになります。そこで、その家計負担をできるだけ軽減しようと国が設定した制度なのです。

 
基本的には、1ヵ月に医療機関に支払った自己負担額から自己負担限度額を差し引いたものが支給される形になります。また、申請者個人の年齢や所得状況に応じて支給額が決まるというしくみになっています。

 
ちなみに70歳未満の方の場合には自己負担額は世帯で合算することができますが、合算できる自己負担額は21,000円以上のものに限られるため注意が必要となります。70歳以上の方の場合には、金額に関わらずすべての自己負担額を合算することができます。

 
計算する場合には、まず第一に病院やクリニックごとに計算する必要があります。そして入院で支払った自己負担額と外来で支払った自己負担額は別計算となりますので注意が必要です。

 
この申請は、保険者に対して行います。領収書や保険証、銀行などの通帳などといった必要書類をあらかじめ揃えておき、不備がないように気を付けてください。実際に支給されるまでに3~4ヵ月ほどかかります。

コメント

コメントを受け付けておりません。