差額ベッド代の金額相場とは

差額ベッド代は、病院側が自由に設定することができます。ですから、一日1000円以下という良心的な病院もあれば一日30万円を超えてしまう病院もあります。

猫08
差額代金の気になる相場は一日5000円といったところです。少し古いデータになってしまいますが(2001年厚生労働省による)、金額が~2000円が30%ほど、2001円~5000円が40%弱、5001円~10000円が20%…という統計がでています。

 
ここで気をつけたいのが、差額代金は健康保険がきかないということです。高額療養費制度や所得税の医療費控除などの対象にもならないので、全額自己負担になってしまいます。

 
さて、当然のように請求される差額代金。実は、支払う必要のないケースがあるのをご存知でしょうか。

 
厚生労働省によると、特別室(差額ベッド)は患者の自由な選択と同意に基づくとされています。つまり、医療機関が差額代金を請求できるのは患者側が希望した場合のみなのです。

 
ですから、治療上必要がある、もしくは緊急の場合に病院側が特別室を選んだ際には差額代金は請求できません。いかがでしたでしょうか。入院は長期になることもありますから、ぜひ差額ベッドの代金には気をつけてみてくださいね。

コメント

コメントを受け付けておりません。