高額療養費制度の計算方法について

急な病気や怪我は、心配の種であると同時に、悩みの種でもあります。怪我や病気を治すことがもちろん先決ですが、急な出費については、悩ましいところです。そんな医療費の支援制度のひつが高額療養費制度です。

 
この制度は、同一月に同一の医療機関で10万円以上の出費があった場合に受けることができるものです。上手に制度を利用することで、出費についても抑えることができます。

猫06
では、この制度の計算方法について見ていきます。まずは年齢区分があり、70歳未満、70歳以上75歳未満、75歳以上となります。70歳未満の場合、上位所得者(10割相当医療費-500,000円)×1%+150,000円、一般(10割相当医療費-267,000円)×1%+80,100円、低所得者は35,400円です。これらが複数回あるとまた金額に変更が生じてきます。

 
70歳以上75歳未満では、所得ごとに金額が決定されており、計算の必要がありません。75歳以上になると、後期高齢者医療制度が始まるため、計算方法が変わってきます。

 
もちろん、これらの制度を申請し、利用するには条件がいくつかありますので自分の診療費について、この制度を利用できるのではないかと思ったら、病院に相談すると、大抵の場合、病院で申請書を用意してくれます。

コメント

コメントを受け付けておりません。