医療費の支援制度から見る医療保険

現在、70歳未満の現役世代は、病院や薬局などの医療機関で、3割負担で医療を受けることができます。さらに、長期の入院や手術が必要となり、高額な医療費がかかる場合に、高額療養費という制度があります。

 
高額療養費制度とは、月の初めから終わりまで、医療機関で支払った金額が一定額、つまり、年齢や所得に応じて定められた上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。入院することが決まっている人は、事前に、認定証を発行してもらうことで、窓口負担を上限額にとどめることもできます。

 
しかし、この制度は、月ごとに精算するため、入院が長期化する場合、入院期間中、毎月上限額の負担は必要となります。さらに、入院中は収入が無くなってしまい、家計を圧迫することが想定されます。

 
医療保険は、入院日額、手術費用を補う保障に加えて、収入保障などの特約を付けられるものもあります。さらに、成人病やガン、女性特有の病気、またリビングニーズなど、特に厚い保障が欲しい場合、特約を付けたり、それに特化した保険商品もあります。

 
病気やけがは、突然起こるものですので、自分や家族の将来を考え、いざというときのために、自分に合った保険商品を選んでおくことが、大切です。